もんじろうくんのドッグトレーニング(お散歩編/吠える、咬む)

もんじろうくんのドッグトレーニング

散歩中の吠え

もんじろうくんと言えば咬み、吠えですね!初めての依頼の時は、散歩中に人、犬、自転車など、とにかく吠えるイメージがとても強く、吠えるだけならまだいいですが、咬み付きに行くという行動を行っていました。

当時、もんじろうくんが9歳の頃、飼い主さんに対して普段から咬み行動はあったそうですが、その行動が抑えられなくなり、リードも付けれず、散歩に行けない状態になったのが依頼のきっかけです。とにかく来客者に対して、もの凄い威嚇吠えをし、手を出したら100%咬まれます。咬み付き方も本気で、2、3回咬み付いてくる感じでした。

そんなもんじろうくん。私が始めてお伺いしたその日にリードをつけ、触ることが出来ました。初めはもの凄い勢いで吠えていました。しかし、もんじろうくんが変わったのは直ぐでした。たちまちもんじろうくんと私の間に主従関係が出来き、咬むどころかおとなしく。今ではもんじろうくんは私のことが大好きです。その後トレーニングを行いましたが、決して優しくしたわけでもなく、厳しく行いました。しかし、ここではっきりしておかないといけないのが、もんじろうくんに嫌われていないということ。嫌われるどころか、私のことが大の大好物のようになっています。ちなみにこういったケースは他にも本当に沢山あります。『厳しい=嫌われる』これは大きな間違いであり、思い込みです。ちゃんと誠意をもってもんじろうくんと向き合えば、もんじろうくんも私が悪意を持って接してきていないと感じてくれます。

 

今のもんじろうくんは、お散歩中、ずっと飼い主さんの足の横にいます。散歩中に吠えるのは、よっぽどのことがないと吠えなくなりました。9歳からのトレーニング。少しもんじろうくんには堪えたかもしれませんが、今では飼い主さんもお散歩が嫌ではなく快適にいけるようになっています!

本当に良くがんばりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA