犬の飼い方教室 ~ 終えて ~

犬の飼い方教室 セミナー

犬の飼い方教室を終えて

7月9日に開催された「犬の飼い方教室」が終わりました!人数は満員の60名となり、キャンセル待ちも約10名ほどいらっしゃったと聞いています。当日お越し頂いた方々、また当日定員オーバーでご参加出来なかった方々も、合わせてお礼申し上げます。

セミナーを終えての感想

今回は本やネット、またはテレビでは言わないことを、セミナーでお話しました。しかし、それでも尚、大勢の前では言えないことはありました。今回、セミナーを終えて分かったことは、1対1でお話する、言わばいつもの出張訓練のスタイルと、セミナーのように多くの方に向けて、私が一方的に喋るスタイルは、全く違うと言う事でした。

どういうことかと言うと、まず1対1の出張訓練の場合、飼い主さんと最低でも1時間はこれからのトレーニングの方向性やトレーニングについての深い知識をお話させて頂きます。その過程で少しでも分からない事があれば、質問していただき、分からないことがある状態で先に話は進めません。また飼い主さんが、愛犬に対し過剰に過保護の方や、そうでも無い方とでは、トレーニング方法も少し変えていきます。

一方、セミナーのような大勢の方の前でお話する場合、あまり話に偏りが出ないように話を組み立てていきます。また、散歩の引っ張りで困っている場合でも、困る理由は様々です。例えば、犬はとても好奇心旺盛。外に出ると何に対しても興味があり、電信柱、草むらがあると、1回1回立ち止まる。結果全然先に進まない。また同じように好奇心旺盛。散歩は大好きだが、犬に対しては攻撃的。犬に会うと、常にガウガウ怒るから散歩に気を遣う。他には犬がとても怖がりで、ビクビクしながら尻尾を下げ、散歩がなかなか進まない。など、散歩の仕方一つを挙げても、犬によって行動が全く違います。出張訓練の場合、飼い主さんの困っていることをピンポイントでアドバイス出来ますし、また愛犬も見ることが出来るので、より確かなアドバイスが出来ますが、セミナーの場合、今回は1時間15分の中でのお話なので、全体的なことしかお話出来ませんでした。

しかし、セミナーを行ってみて、いい事も発見できました。多くの方に情報を発信できることです。例えば、今回60名ご参加されました。市の方の情報によると、犬の登録をしていない方が多くいらっしゃいました。犬の登録とは犬を飼うと市に犬を飼いましたよと言いに行かなければ行けません。しかし、その行為自体を知らなかった方や、忘れていた方に、必要な情報を発信出来ます。また、その必要性を発信することが出来ました。

最後に

犬の飼い方教室 セミナー

とてもあっという間に時間が過ぎてしまったセミナーでしたが、私が伝えたかった、「犬とは」「犬を飼うとは」「マナーやルール」「しつけやトレーニングのコツ」という部分は十分にお話できたんじゃないかと思っています。
そして、またこのような機会でお話できたらいいなと思いました。

この度は、茨木市市民生活相談課の方々には大変お世話になりました。改めて御礼申し上げます。

またご参加くださった方々にも、再度お礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA