大吉くんのドッグトレーニング(反復練習)

大吉くんのドッグトレーニング

最近トイプーと柴犬をよく見ているような気がしますね(笑)以前、獣医さんが言っていました。小型犬は悪い子が多い!と(笑)まぁ可愛くて甘やかす方が多いのでしょうね。小型犬と大型犬とでは遊び方や愛情の与え方がまるっきり違いますからね。小型犬の場合、飛びつきは可愛い。大型犬の場合、飛びつきは痛い、怖い、やめて欲しい。となりますね。私は昔、ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダールを飼っていましたが、飛びつきは時に危険なことがあり、まず後ろに押し倒されます。その場所がどこかによって大きな怪我をします。私の肩に足を乗せ顔を舐めてくるのです。散歩は小型の場合、車や自転車から犬の事故を防ぐ為といった理由で脚側歩行を行ったりもしますが、大型犬の場合、犬の事故を防ぐ前に、自分が事故るという感じです。犬を見つけて興奮したときは、もう凄いパワーです。腰を入れて、構えなければ吹っ飛ばされていました(笑)

ベルジアングローネンダール柴犬と並ぶと、

ベルジアングローネンダールと柴犬

さて、このくらいにしておいて、今回は大吉くんのドッグトレーニングです。

今回も前回の復習です。オスワリや脚側歩行などをトレーニングしました。

ここで一つ。多くの方に共通していることなんですが、トレーニングをすると直ぐによくなる。これは違います。逆に悪いことをしない犬に悪いことを教えるのも直ぐには覚えません。最低でも数ヶ月単位で考えてください。ただ、改善したい内容や犬の年齢、飼い主さんの生活環境により、数日や数年とかかるケースも普通にあります。

ちなみにトレーニングを行って、比較的早く覚えてくれるパターンとしては、飼い主さんが家にいて、何度もトレーニングが出来るケースです。また、飼い主さん自信がトレーニングを楽しんでいるケース。誰だってトレーニングはめんどくさいです。オスワリを教えるのも、何回もしないと覚えません。ただ、オスワリやフセ、マテはとても簡単なトレーニングなので、誰でも気軽に出来ますが、それ以外のトレーニングは時間が少しかかります。直ぐに結果を求めすぎて、思うようにいかず、飼い主さんのメンタルが低下していくと、なかなかいい結果に繋がりません。諦めず、続けることで結果は出てきます。

大吉くんは、確実に賢くなってきています。が、目に見えてグングン進化しているように見えないと、成長しているように見えません。ですが、大吉くんの気持ちは変化してきています。このまま信じて継続してくださいね!

大吉がんばれー!飼い主さんもファイトー!(笑)

りきくんのドッグトレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA