犬を飼ったら一度は読んで欲しい『犬の十戒』

犬を飼ったら一度は読んで欲しい『犬の十戒』

犬からのこころの願い

皆さんは犬が喋れたらいいのにと思ったことはありませんか?残念ながら犬は人の言葉を話すことは出来ません。しかし、犬はちゃんと飼い主に対し、しっかりと気持ちを伝えていることがあります。それは犬の十戒という言葉の中にあります。

皆さんは犬の十戒という言葉を聞いたことはありますか?聞いたことの無い方は是非一度読んで頂きたい言葉です。犬と暮らしている方、これから犬と暮らそうと考えている方、過去に犬と暮らしていた方まで、全ての飼い主に伝わる“こころ”があると思います。

これが犬からのこころの願いです。

犬の十戒

犬を飼ったら一度は読んで欲しい『犬の十戒』

1.

My life is likely to last ten to fifteen years.
Any separation from you will be painful for me.
Remember that before you get alone with me.

わたしの生涯は10年から15年くらいしかありません。
わずかな時間でもあなたと離れるのは、とても辛いです。
わたしと暮らす前に、どうかそのことは忘れないでください。

2.

Give me time to understand what you want of me.

わたしに少し時間をください。
あなたがわたしに何を望んでいるのか理解するための時間を。

3.

Place your trust in me- it’s crucial to my Well-being.

どうか私を信頼してください。
わたしはそれが何より幸せなのです。

4.

Don’t be angry at me for long and don’t lock me up as punishment.
You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.

わたしのことを叱ったり、閉じ込めたりしないでください。
あなたにはあなたの生活があり、友達がいて、楽しいこともありますが、
でも、わたしにはあなたしかいないのです。

5.

Talk to me. Even if I don’t understand your words,
I understand your voice when it’s speaking to me.

わたしに話しかけてください。
言葉は分からなくても、あなたの心は届いているから。

6.

Be aware that however you treat me, I’ll never forget it.

あなたがわたしをどんな風に扱っているか、振り返ってください。
わたしはあなたがしたことをすべて覚えています。

7.

Remember before you hit me that l have teeth that could easily crush the bones of
your hand but that I choose not to bite you.

わたしを叩いたり、いじめたりする前に思い出してください。
わたしは鋭い歯であなたを傷つけることもできますが、
それでもわたしはあなたを決して傷つけないと心に決めていることを。

8.

Before you scold me for being uncooperative, obstinate, or lazy, ask yourself
if something might be bothering me.
Perhaps I’m not getting the right food or I’ve been out in the sun too
long or my heart is getting old and weak.

わたしが言うことを聞かない、わがままだと叱る前に、その原因を考えてみてください。
ご飯は足りていますか?暑いところに放置していませんか?
あるいはもう年老いて、弱ってきているのかもしれない、と。

9.

Take care of me when I get old ; you, too, will grow old.

わたしが年をとっても、どうか世話をしてください。 あなたもまた同じように年をとるのだから。

10.

Go with me on difficult journeys.
Never say, “I can’t bear to watch it .” or ” Let it happen in my absence.”
Everything is easier for me if you are there. Remember I love you.

わたしの人生の最期のとき、どうかそばにいてください。
「つらくて見ていられない」「立ち会いたくない」とか言わないでください。
あなたがそばにいてくれれば、私は安らかに旅立てるのです。
そして、どうか忘れないでください。
私があなたを愛していることを。


日本語は、私なりに分かりやすく訳したものです。

どうでしたか?なにかこころに感じることはありますか?
この十戒を読むと、なんだか愛犬に対し、今以上に愛情を覚えたのではないでしょうか?そして、さらに愛おしく感じませんか?しかし、それは今より過保護にすることとは違います。この十戒に付け加えるなら、犬は頼れる飼い主を強く望んでいます。頼りなく弱い飼い主ではなく、頼りある飼い主に。

犬は本当に無償の愛を飼い主に与えてくれます。当社の社名「GIFT – from dogs」は、直訳すると「犬たちからの贈り物」。犬と暮らしていると、人が犬に与えていることよりも、犬から与えてもらっている“もの”のほうが多い気がします。それは、私の経験で愛犬が亡くなった後に気付きます。

犬を飼うということは、生き物を飼うということ。人形を買うのではありません。感情ある犬だからこそ、人と共に共存でき、今でも愛される動物として犬がいます。この犬の十戒でこころに残った感情、そしてその感情をいつまでも大切にして欲しいと願います。

犬を飼ったら一度は読んで欲しい『犬の十戒』

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA